アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

過去記事ピックアップ 洋画編その1

こんにちは。

今回はタイトルにあります通り、過去の記事からいくつかピックアップして作品をご紹介。

 

もしかするとお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログは2007年からやってるんです。長いですねー。

でも2012年に更新を止めるまではあくまでも自分の備忘録として、コレクションとしてしか使用しておらず、思いっきり自分のためにやってたんですね。一応ネットにアップする以上は「もしかしたら誰かが読むかも」程度のことは意識して書いてましたけど、現在ほど読む人を意識していませんでした。

それにこの「はてな」ブログの読者機能も当時は無かったような気がします。スター機能が途中で追加されたのは覚えてるんですよ。「なんじゃこれ?」と自分で連打しまくってスター付けまくったのは恥ずかしい記憶。でも、当時はアクセス解析すら見てなかったですし、他の方のブログを読んだりもしてませんでした。

そんなふうに他人と関わらず、自分が触れた作品を忘れないように感想を書いていただけの記事ですが、中にはマニアックな作品であったり、今も尚、自分の中に強いインパクトを残す作品があったりしますので、そういったものをご紹介しようかな、という企画です。

当然古い作品が主ですので、現在では配信されてなかったり、視聴できないものがあるかもしれません。ですが、映画に限らず本やゲームでも新作ばかりに注目が集まり、次々と更新されていく情報の波に過去の良い作品が埋もれちゃってる気がするんですね。それが何だか悲しいので、そういった忘れられがちな作品にネットの片隅で少しでも光を当ててあげたいなと思います。

また、ご紹介する過去記事の中には何言ってんのかよくわからんものや、下品な言葉づかいもあったりするんですが、もう訂正はせずにそのまんまでお届け。別に直すのが面倒くさいとかじゃないから。そんなんじゃないから。 さらに過去記事の中で触れている情報については執筆当時のものですので現在とは異なる場合もあります。予めご了承ください。

とまあ、ごちゃごちゃ書きましたがとりあえず逝ってみよう。

 

今回は「映画」カテゴリの中から洋画に絞ってお届け。量が多いので「その1」「その2」と2回に分けることにしました。「その2」はまた後日投稿します。

 

まずはこちらから

 


ウェイクアップ!ネッド [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

未だに無性に観たくなる時があります。僕はAmazonPrimeビデオしか動画配信サービス加入してないんですが他のサービスだと配信あるのかな。近所のTSUTAYAにももう置いてなかったです。残念。

 

 


ブリッジ [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

この記事内で2007年の日本人の自殺者数について述べているんですが、その数の多さにびっくり。現在より1万人くらい多いんですね。一応調べなおしてみたんですが、若干の誤差はあるものの、ほぼあの数字です。人口減少など他の要因もあるんでしょうが、今って10年前より生きやすくなってるんですかね。それとも麻痺しちゃってるだけなのか。かなりつらい内容の映画ですが、一度は観てほしい作品です。

 

 

 


潜水服は蝶の夢を見る [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

当時大好きだった女の人と一緒に観に行ったんすよー。でへへー。記事内で触れてる「ピューと吹くジャガー」もその人と観に行きました。結局その人とは上手くいかなかったんですけど、良い思い出です。

そんなセンチメンタルな思い出を含めてなのかもしれません、今でも大好きな映画です。

 

 


ドッグヴィル プレミアム・エディション [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

ちょっとこの映画の見せ方について上手く説明できてないですね。しかし残念ながら今の僕にもどんな言葉を使えばあの演出方法が伝わるのか分かりません。助けを求めたWikipedia先生によりますと「床に白い枠線と説明の文字を描いて建物の一部をセットに配しただけの舞台」となるそうです。続編「マンダレイ」も同様にキツかった記憶があります。未だに後味最悪の映画として刻まれている作品です。ラース・フォントリアー作品は以後観てません。

 

 

lastdays.hatenadiary.org

これも未だに観てた時の嫌な気持ちが忘れられない作品。どうやら本当にハネケは暴力をテーマにこの映画を撮ったみたいですね。これも相当胸糞悪くなる映画です。結局リメイク版の「ファニーゲームU.S.A」は観ていません。

 

 


キング 罪の王 [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

これも決して後味の良い映画ではありませんが、現代のおとぎ話のような、しかも残酷なおとぎ話を観ているような映画だった気がします。ちょっと自分の感想読み返してもう一度観たくなってしまいました 笑

 

 


13/ザメッティ [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

映画館でハラハラしながら観たのを覚えています。怖かったなあ。この作品のリメイク版はジェイソン・ステイサムが主演した「ロシアン・ルーレット」ですね。リメイク版は観てないんですけど、オリジナル版の怖さはモノクロだからこそだった気がします。

 

 

 


カノン [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

lastdays.hatenadiary.org

この映画から受けた衝撃が強すぎて2回感想書いてますね。笑 結局この作品のDVDは入手できてません。何故か「ファニー・ゲーム」は持ってます。

しかしこの2度目のレビュー時のこじらせっぷりに赤面。ギャスパー・ノエの作品も以後「エンター・ザ・ボイド」を観ただけですね。

 

 


ゾンビランド (字幕版)

lastdays.hatenadiary.org

これ主人公の男の子ジェシー・アイゼンバーグだったんですね。さらにヒロインはエマ・ストーン。この当時はどちらも知りませんでした。あまりにビル・マーレイに夢中で。この「ゾンビランド」続編あるんですね。知らなかった。観ないと!ビル・マーレイは出てるんだろうか。

 

 

 


その土曜日、7時58分 コレクターズ・エディション [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

2014年にフィリップ・シーモア・ホフマン亡くなってるんですよね。この映画の始まりのシーンが衝撃でした。そして本作は2011年に亡くなったシドニー・ルメット、最後の監督作品でもあります。

 

 

 


チーム★アメリカ/ワールドポリス (字幕版)

lastdays.hatenadiary.org

悪ノリが酷すぎて今も尚、視聴可能な作品であることに驚きました。本当に酷いですからねこれ。でも笑えるんですよー。不謹慎で下ネタ多い映画が好きな人にお勧めです。

 

 

 


クローバーフィールド/HAKAISHA (字幕版)

lastdays.hatenadiary.org

今ならPOVの巨大怪獣ものなんて珍しくないのかもしれませんが、この劇場公開時は興奮しまくってました。自由の女神の首が吹っ飛んでくるシーンは脱糞しかけました。結局DVDまで購入した気がします。確か続編がありますよね。2作目までは観ました。3作目も観た方が良いのかしら。

 

 


宇宙人ポール (字幕版)

lastdays.hatenadiary.org

これは友達と観に行って大笑いしながら帰った良い思い出があります。

 

 


REC/レック スペシャル・エディション [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

ハリウッドでもリメイクされていますが、僕は結局オリジナルのスペイン版しか観ていないです。この作品のラスト直後からスタートする続編「REC2」もめちゃ怖いんですが、3の途中からPOVじゃなくなるんですよね。4はもう観てません。観るならこの1と2だけで良いと思います。怖いです。

 

 


[リミット] (字幕版)

lastdays.hatenadiary.org

未だに1シチュエーションスリラーの傑作だと思います。

 

 

 


エスター [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

lastdays.hatenadiary.org

観ている間ずっと喉元にナイフを突きつけられているかのような恐怖がありました。いつグサッとやられるか分からない感じ。本当に怖かった。というか僕はもともとホラー苦手なんですよね。

 

 


トロール・ハンター(字幕版)

lastdays.hatenadiary.org

結局リメイクするぞと発表されたものの製作は中止になっちゃったんですかね。でもこのオリジナル版だけで充分お腹いっぱいになれます。あとこの監督の新作「ジェーン・ドゥの解剖」も最高です。この映画はまた別記事で取り上げたいと思います。

  

という訳で「その1」でも結構な量になってしまいました。続きは「その2」で。

映画好きの方であれば既に全部観てそうな気がしますが、もし観たことないものがあれば是非チェックしてみてください。僕にとっても好きな作品ばかりですし、興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

またこうして過去記事の供養をしていきたいと思います。

 

それでは、また!

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.