アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

週末おすすめ映画10選

こんにちは。

 

今回もまた現在Amazon Prime Videoで観放題になっている映画をご紹介します。

前回のはこちらです。

lastdays.hatenadiary.org

今回もリンク先にて予告編が視聴可能なものに絞っております。

Prime会員の方はもちろん、そうでない方もリンク先で予告編が視聴できるものに限ってご紹介します。まだ会員でない方は会員登録もできますよ!

既にPrime会員の方はリンク先でそのまま視聴可能です。

 

それでは逝ってみましょう。

 

 


ロスト・ボディ(字幕版)

良質なサスペンスが観たい方にはお勧めの作品です。なんだか表紙がエッチですがそんな内容ではありません。スペイン映画は良作が多いですね。

 

 


カラスの親指 by rule of CROW's thumb

今すぐ阿部寛を観ないと死ぬって人には是非この映画で一命を取り留めて頂きたい。

道尾秀介の小説を映画化した作品です。伊坂幸太郎の小説が好きな人だったらなんだか胸が温かくなるあの読後感を味わえる映画です。良作。

 

 


キャビン(字幕版)

B級パニックホラーが大好きな方には心の底からお勧めしたい映画です。大興奮できますよ。予告編を観て面白そうと感じた人なら必ず楽しめます。

 

 


リンカーン弁護士 (字幕版)

タイトルから漂うB級感とは裏腹に非常によくできた作品です。僕も軽い気持ちで観始めたらすっかりのめり込んでハラハラしながら観ました。

 

 


her/世界でひとつの彼女(字幕版)

「ジョーカー」のホアキン・フェニックス主演。肉体を持たないA.Iとの恋愛を描いた作品です。これはマズいですよ。独り身の男性が観るとマズいことになりますよ。

また、「洋画は字幕で観る」主義ではない方には吹き替えがお勧めです。結局この映画は主人公同様に、観客がA.Iの存在をどこまで生々しく感じられるかという事も重要になるのでこの作品は日本語吹き替えの方が感情移入しやすいと思います。ちなみにA.Iサマンサを演じるのはオリジナルだとスカーレット・ヨハンソン、吹き替えは林原めぐみです。とか言いつつ、予告編は字幕版です。すみません吹き替え版はちゃんとした予告編が無かったんです。

 

 


同じ遺伝子の3人の他人(字幕版)

実話です。赤ちゃんの時に離れ離れになり別々の環境で育った3つ子が感動的な再会を果たした実際の出来事なんですが、それだけでは終わりません。その裏には信じられない実験が・・・絶句します。

 

 


散歩する侵略者

ものすごく久しぶりに黒沢清監督作品を観ましたが、これは良かったです。日本で宇宙人モノを作るとこうなるか。概念の取得という方法がとても興味深くて楽しんで観れました。

 

 


LOOPER/ルーパー (字幕版)

タイムトラベルアクションの大傑作だと思います。よくこんな設定思いつくわ。

それにしてもジョセフ・ゴードン=レヴィットのメイクが彼だと気付けないぐらいに凄い。なんでもブルース・ウィリスの過去、という設定の為、メイクで顔を似せたんだそうです。・・・似てるか?でも海外では「激似やんけ!」と評判だったとか。

 

 


脳内ポイズンベリー

劇場公開時に当時の彼女と観に行ったんですが、原作好きの彼女はキャストがおかしいと憤慨しておりました。しかし何も分からず観た僕は存分に楽しめた映画です。設定が面白いですよね。神木君が格好良いという意見だけは合いました。

 

 


サプライズ(字幕版)

「スクリーム」とか好きだった人はきっと楽しめる映画だと思います。観客は突如として繰り広げられる惨殺劇に「なぜ?」という疑問を抱いたまま、どんどん登場人物が消えていきます。けどちゃんと最後に動機が明かされます。それなりにグロい映画なのでご注意ください。

 

 

以上です。

今回もあまりジャンルが偏らないようにしてみたつもりです。気になる映画があれば是非楽しんでください。

 

それではまた!

良い映画と共に充実した週末をお過ごしください。

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.