アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

週末恒例お勧め映画10選

こんにちは。

毎週末にお届けしている、現在Amazon prime Videoで観放題となっている作品のご紹介コーナーです。

Prime会員の方はリンク先でそのまま視聴可能なのはもちろん、Primeに加入していない方でもリンク先で予告編が視聴可能なものだけのご紹介ですので、是非予告編だけでもチェックしてみてください。そのまま会員登録も可能です。

また他の動画配信サービスに加入されている方でも参考にしていただければ幸いです。

それでは逝ってみましょう。

 


映画『Back Street Girls-ゴクドルズ-』

失態を犯したヤクザの若手組員3人がイかれた組長の命令で性転換手術を受け、その後アイドルデビューをさせられるというぶっ飛んだ設定で大人気となったコミックの実写映画版。設定を借りただけの別物という印象ですが、変に原作を改変して中途半端になるよりはこれで良いと思います。「壮絶に、チ〇コが消える」。このキャッチコピー素敵すぎる。もう設定で、勝ち。

 


エル ELLE(字幕版)

予告編では派手なサスペンス映画のような印象を持たれるでしょうが、観てみると結構違う印象でした。きちんと主人公の行動を追って結局何が起こり誰が最後に得をしたのか、台詞を読んでいるだけでは理解のできない映画ならではの深さが印象に残っています。淡々とした映像でゾクゾクさせる非情な映画です。

 


スマホを落としただけなのに

スマートフォンSNSに軽い気持ちで個人情報保存し続けると危ないですよ、という啓発映画です。中高生の子供さんに見せてあげましょう。

 


探偵はBARにいる

今すぐ大泉洋を見ないと死ぬって人にはこの映画が特効薬となるでしょう。ハードボイルドな探偵もののシリーズで現在3作目まで制作されています。ちなみにすべてPrime Videoで視聴できますよ。それぞれの作品、キャスティングが渋く安易にアイドルやイケメンに頼っておらず、それでいて毎度美女が登場する、石原裕次郎の映画みたいな雰囲気です。見たことないけど。それにコメディ色を出させているのは大泉洋の存在感でしょう。素晴らしい。

 


哭声/コクソン (字幕版)

「チェイサー」のナ・ホンジン監督作品です。國村準さんが韓国で賞を取って話題になりました。猟奇的で血生臭くも力強い、こういう部分が韓国映画の魅力ですよね。韓国はキリスト教が普及している国だそうでしてこの映画には監督の宗教観が強く反映されているようです。この映画を理解しようとすると少なくともキリスト教への知識が必要になります。僕も観賞後に解説サイトを見てなんとなくは理解しました。ただ、キリスト教の知識がなくとも「チェイサー」同様、猟奇的で恐ろしいパワーを放つ作品ですので、サイコサスペンスが好きな人は楽しめると思います。観賞後に解説を見ましょう。ただしグロ注意の映画ですので苦手な人は避けてください。

 


ナイトクローラー(吹替版)

リンク先は吹き替え版ですが、字幕版が視聴無料です。字幕版の方には予告編が無かったんですよね。日頃僕たちが目にするニュース映像の裏側。パパラッチの姿が描かれています。後味の悪い映画ですが、目の前で起こる事件事故を平気でスマホで撮影する人たちとこの主人公の何がどう違うのか。観客が抱く主人公への嫌悪感は自分に跳ね返ってくるかもしれません。

 


SCOOP!

こちらは日本のパパラッチ映画ですね。福山雅治が格好良いのはもちろんなんですが、それだけでは終わらずストーリーもしっかりしていて、スターがカッコつけるだけの邦画が大嫌いな人でも楽しめると思います。チャラい福山雅治も良い。

 


バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

説明不要の名作が3部作すべて観放題!マーティン、ドクにまた会える!

僕は吹き替え版に馴染み過ぎて字幕で観ると違和感を感じるほどになってしまいました。最高の映画やでこれほんま。

 


ブレイン・ゲーム(字幕版)

僕にとってレクター博士ではないアンソニー・ホプキンスって初めて見たかもしれない映画です。なんかずっと結局はこの人は悪人なんでしょ?というイメージが離れなくて困りました。それくらい「羊たちの沈黙」のイメージが強烈すぎたんですねえ。超能力者同士の戦いを描きながらサスペンスにしっかりと収めてある良作です。

 

最後はこちら


僕達急行 A列車で行こう

森田芳光監督の遺作となってしまった作品です。松山ケンイチ瑛太、主演2人の鉄道オタクっぷりが素晴らしく、俳優さんて本当に凄いなあと感心します。独特の台詞まわしとシュールな会話劇なので苦手な人がいるかもしれません。大きなイベントは起こりませんが登場人物それぞれの縁に、なんだか癒される映画です。凄く好きな作品です。

 

今週は以上です。

前回までの紹介集はこちらです。下記の記事内にまとめてリンク貼ってありますので、よろしければご参照ください。

lastdays.hatenadiary.org

また、Prime Video観放題じゃなくても良いよという方はこちらもどうぞ。

lastdays.hatenadiary.org

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。良い週末をお過ごしください。

それでは、また。

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.