アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

Amazon Prime Videoじゃ観れないお勧め映画5選

こんにちは。

 

今日はいつもとは少し違って、現在Amazon Prime Videoでは配信されていない作品をご紹介。もしAmazon Prime Video以外の動画配信サービスに加入されている方はご利用のサービスで配信があるかチェックしてみてください。

YOUTUBEで公式の予告編がある作品だけのご紹介とはなりますが、いってみましょう

 

まずはこちら

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

イタリア映画です。「地球で一番使われている言語だから」という理由で中国語を話す宇宙人が捕獲される。王(ワン)と名乗る彼にイタリア当局は「地球侵略に来たに違いない」と疑い彼に虐待ともとれる暴力を繰り返し自白を取ろうと必死。しかし丁寧に柔らかな態度のワンさんを痛めつける様子に、通訳として呼ばれた主人公は彼を守ろうとする。という映画です。まあ、観てください。強烈な皮肉が効いた素敵映画です。

 

続いてはこの映画

「神様メール」

もし神様なんてのが実在するとしたらクソみたいな奴だろうなっていう映画。

この予告編に全部入っちゃってますけど、これはもう設定が素敵すぎるうえにとても可愛らしい映画です。予告編観て「面白そう」と思えたら絶対裏切られませんよ。カトリーヌ・ドヌーブが出演してるのに驚きました。

 

続いて

「ピエロがお前を嘲笑う」

どんでん返し映画を調べると必ずこのドイツ映画が紹介されているんじゃないでしょうか。途中まではよくありそうな映画です。しかし終盤、ラストに向けてそれまで観てきたものがひっくり返るんで最後は「おー!」となります。

 

続いてはザ・ウーマン 飼育された女」です。公式の予告編が英語版しかなかったんですが興味のある人はYOUTUBEで検索してください。非公式ですが日本語版あります。

原作が「隣の家の少女」のジャック・ケッチャムの作品ですので大体のことは察して頂けるかと。ある一家の父親が趣味のハンティングで野生の女を捕獲し連れ帰り、しかも納屋に監禁するという胸糞映画です。観ている最中はイカレた家族に反吐が出ますが最後にはカタルシスが待ち受けています。精神状態が健康な時に観ましょう。でないとラストまで気持ちがもたないと思います。

 

最後は「ゲーム」。こちらも上の「ザ・ウーマン」と同じく英語版の予告編です。日本語版は非公式でYOUTUBEで検索してみてください。

既に劇場公開から20年以上経過していますが、日本で配給の権利を持つ会社がまともな仕事をしてこなかったのかDVDも2000年に出たっきりで当然今は廃盤。そして日本版のBlu-ray化もされておらず、熱心な映画ファンからはかなりムカつかれておりますよ東宝さん。しかしどうやら2018年12月にNetflixで配信されてたみたいですね。今も配信してるのかな。

監督がデヴィッド・フィンチャー、主演にマイケル・ダグラス、共演にショーン・ペン。スーパーどんでん返しの傑作です。この映画、そしてこのラストを初めて観た時の衝撃は忘れられません。Netflix観れる人は絶対観てください!

 

という訳で現在Amazon Prime Videoでは観れない映画ばかりご紹介してみました。ネットフリックスの人は是非「ゲーム」観てください。間違いないから。

それでは、また!

 

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.