アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

Amazon Prime Video観放題じゃないけどお勧めしたい映画5選その2

こんにちは。

このブログでは毎週末にAmazon Prime Video観放題の映画をご紹介していますが、今回は観放題ではない映画のご紹介です。

ここで紹介する作品は現在はPrime会員無料の作品ではありませんが、観放題の作品は毎月入れ替わりがありますし、気になる作品があればウォッチリストに加えて無料になるのを待ってみるもよし、または毎週金曜日の週末セールに加わるのを待つもよし、そのままレンタル料金払って観るもよし!です。他の動画配信サービスに加入されている方はそちらでチェックしてみるもよし!

いつも通りリンク先で予告編が視聴可能なものばかりに絞ってますので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

相変わらず外出自粛要請が続いておりますし、映画でも観てお家でゆっくり気分転換しましょう。

 

それではいってみましょう。

まずはこちらの作品から。


SPY/スパイ (字幕版)

007シリーズやミッションインポッシブルなどのスパイ映画が好きな人は必見のコメディアクションです。ジェイソン・ステイサムジュード・ロウを脇役に、ぽっちゃりキュートなおばさんが主人公です。ジェイソン・ステイサムがドジな役柄というなかなか珍しい作品でもあります。

 

続いてはこちらのホラー映画


ヘレディタリー 継承(字幕版)

「ミッドサマー」が 話題のアリ・アスター監督作品です。予告編の冒頭からとんでもない構図ですね。音やグロさで責めてくる映画ではなく、邦画のホラーに近いような精神をキリキリさせる映画です。ゾンビ映画などのド派手なホラー映画を期待すると痛い目見るでしょうが、「エスター」や黒沢清監督作品「CURE」などが好きな人は楽しめるんじゃないでしょうか。

 

続いて邦画です


ハード・コア

ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」めちゃ良かったですね。そんな山下敦弘監督作品です。山田孝之佐藤健荒川良々と非常に濃い出演陣で馬鹿やってる映画です。真面目に考えながら観てはいけないと思います。立ちバックしてる佐藤健が素敵でした。

 

続いて今話題であろう作品。


コンテイジョン (字幕版)

まさしく今現在の新型コロナウイルスによる混乱が続く状況を描いたかのような映画です。この映画の中で登場する新ウイルスは新型コロナウイルスよりもずっと致死性が高く、描かれている状況も現実よりずっと悲惨です。しかし感染経路の描き方などは凄くリアルですので気を引き締める、という意味では良いと思います。が、現在の状況によってつらい思いをして気が滅入ってしまっている人にはあまりお勧めできません。

そういった人は次の映画をどうぞ。

 

最後はこちら


パターソン(字幕版)

新作「デッド・ドント・ダイ」の公開が延期となってしまったジム・ジャームッシュ監督作品です。大きなことはなんにも起きない映画ですが、何故か観た後は幸せな気持ちになっています。日常って素敵で愛おしい、そう感じさせてくれます。今の状況だからこそ、観て欲しいなと思う映画です。

 

という訳で5作ご紹介してみました。「パターソン」観て癒されましょう。

ちなみにその1はこちら

lastdays.hatenadiary.org

まだまだしんどい状況は続きそうです。何事もそうですが「向き合い続ける」ということが必ずしも正解ではないと思います。すこし問題から距離をとって気分転換するのも忘れないでくださいね。

まずは皆さんが健康でありますように。

それでは、また!

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.