アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

GYAOで観れるお勧め映画 邦画編

こんにちは。

このブログでは映画の紹介を何度もしていますが、僕自身がAmazon Prime会員という事もあり、Amazonで観れる映画しかご紹介していません。動画配信サービスはスカパーやhuluやNetflixなどたくさんありますから、必ずしもすべての人に参考になる訳ではないでしょう。

ということで今回ご紹介するのはGYAOGYAOで観れる映画のご紹介です。

ご存じの方も多いでしょうが、GYAOは無料です。PCであればサイトにアクセスするだけ。スマホタブレットであればアプリをインストールするだけ。有料オプションもあるようですが、僕は利用したことがありません。無料で映画観れるし、ドラマやバラエティ番組も観れるので、いつもありがたく利用させてもらってます。

そんな訳で記事作成時点の4月12日現在で無料で視聴可能なお勧め映画5選です。GYAOは無料の代わりに視聴可能期間が限られている作品が多いのでご注意くださいね。今回は邦画限定です。

YOUTUBEの予告編貼ってますんで参考にしてください。

それではいってみましょう。

まずはいきなりこの作品

三池崇史監督作品の「殺し屋1」。R15です。日本の配給会社の公式予告編が無かったので海外の配給会社の動画を貼っています。でもこの予告編格好良い。

原作コミックが有害図書指定受けてますんで、かなりグロいんですけど浅野忠信がめちゃくちゃ格好良いですし、大森南朋が新鮮ですし、好きな俳優さんが出ている場合は楽しめると思います。ぶっ飛んだ映画ですので、グロいの大丈夫な人は是非。5月10日まで。

 

お次はこちら。

2009年公開の名作「南極料理人」。南極基地という限られたスペースで長期にわたって過ごす隊員の皆さんの日常の楽しみ方の工夫や食事の楽しみ、今の僕らに通じるものがたくさんあります。派手さはありませんが日常の幸せに気付かせてくれる非常に良い映画です。4月23日まで。

 

お次も料理系です。

生憎この「続」しかありませんでしたが前作を観ていなくても楽しめます。こういう安心して観れる映画って心の栄養になりますよね。 4月21日まで。

 

続いてこちら

「アウターマン」。

言いたいことは全部この予告編につまっています。ジライヤが出ているのがアラフォーには胸熱です。すげえつまんない映画ですけどあえてお勧め!

 

最後は「復活の日

小松左京の小説を原作に1980年に公開された作品です。 この映画も今話題になってしまっているでしょう。ウイルス兵器が持ち出されそれが事故で世界に蔓延してしまうというパンデミック映画です。

監督は深作欣二、撮影が木村大作、さらに草刈正雄緒形拳千葉真一アメリカからはロバート・ボーンオリビア・ハッセーら当時のハリウッドスターまでが出演した今では考えられないようなスケールの作品。これが無料ですよ!4月20日まで。

 

という訳で以上5作品ご紹介。気になる作品はありましたか?他にも映画はもちろんドラマやバラエティも無料で観れますから、有料の動画配信サービスへの加入を検討されている方も、一度GYAOをチェックしてみては如何でしょう?

gyao.yahoo.co.jp

 

それでは、また。

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.