アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

映画紹介「シティーハンターTHE MOVIE 史上最香のミッション」

 こんにちは。

今回の映画紹介は「シティーハンターTHE MOVIE 史上最香のミッション」です。

日本公開では昨年2019年の11月に公開されたフランス映画です。

シティーハンターなのにフランス映画?とお思いのあなた。世間の情報についていけていませんよお。あいみょんを去年知った僕のように世間に取り残されていますよお。

このフランス版シティーハンターは、監督、脚本、そして主演を務めたフィリップ・ラショーが子供のころからシティーハンターが大好きだったそうでして原作の北条司先生の事務所へ企画書と脚本と手紙を送り付けて承諾を得て、さらにそこから18ヵ月かけて脚本を練り上げた末に製作、公開までこぎつけたという、まさしくフィリップ・ラショーの努力と愛の結晶というべき作品です。それにしても子供のころからシティーハンターが好きだったって、すごいですね。フランスでは日本のアニメがかなり人気だと聞いたことがありますが、結構昔から人気だったんですね。ちなみにフランスではこの映画、168万人を動員して大ヒットしたそうです。

日本での公開が決まった際も、日本生まれの大ヒットコミックが海外、しかもフランスで熱烈なファンによる実写映画化されたとあって大きな話題となりました。

そして肝心の映画なんですが。

おそらく僕と同年代の方は、実写版シティーハンターと言えば思い浮かぶ作品があるのではないでしょうか。

そうです。1993年ジャッキー・チェンが主演して後藤久美子がゲストヒロインを演じて色んな意味で話題になったあの映画ですね。僕が強烈に覚えてるのはストリートファイターのコスプレしたジャッキーね。ジャッキー・チェン主演のいつものアクション映画として観ればなんの問題もなく楽しめる作品ではありますが、シティーハンターである必要はないし辛口で表現するなら「シティーハンターのコスプレ映画」でしかありません。今となってはネタ映画として語られる機会の方が多くなってしまっている作品だと思います。

そんな悲しい歴史を持つ「シティーハンター 実写」というキーワードでしたので、原作ファンはハラハラしていたんじゃないでしょうか。

ところがどっこい(死語?)蓋を開けてみれば流石に原作北条司先生のお墨付きを受けた作品だけあって、完全にシティーハンターでした。アニメをそのまま実写にした雰囲気でしたね。

中でも僕が嬉しかったのは、主人公冴羽獠の事務所兼住居となっているあの茶色いオシャレなマンション?アパート?なんて言えば良いのか分からないんですけど、あの建物がまんま実写で登場してきたことに感動しました。「アニメで見たやつ!」と震えました。また獠の亡き親友の妹であり、仕事のパートナー槇村香の100トンハンマーも登場します。獠のモッコリに香のハンマー。これだけでも原作ファンは大喜びできるでしょう。さらにフィリップ・ラショー演じる冴羽獠の再現度はお見事です。初めてこの映画の予告編を観た時はやはりフランス人が冴羽獠を演じていることに違和感しかありませんでしたが、作品を通して観るとまったく問題なし。赤いTシャツに腕まくりをした水色のジャケットがこんなに似合う男はフィリップ・ラショーをおいて他に居ないのではないかと思わせるほど。そして槇村香を演じたエロディ・フォンタン。ずっと研ナオコにしか見えなかったんですけどもの凄いスタイル良くてコメディタッチのセクシーシーンもばっちりあり、大変よろしゅうござあました。ごちそうさまでした。じゅるり。あと忘れちゃいけない海坊主ね。再現度高すぎぃ!似すぎぃ!

映画の雰囲気、そしてキャスト、完璧でした。さらにストーリーね。これはもう説明しない。そんな説明するような物語じゃない。良い意味で、シティーハンターで育った人なら何の違和感もなく、シティーハンターの新作として観れますし、シティーハンターを知らない人であってもおフランス産のアクションコメディとして楽しく観賞できることは間違いありません。若干あの、下ネタが多いけどね。実写な分、セクシーさがすごいけどね。あとガンアクションがめちゃくちゃ格好良いです。

そしてそして!この映画、日本語吹き替えに注目が集まりましたね!

我々にとって冴羽獠といえば神谷明さん。この人の声以外想像できない訳です。ですからこの実写版の日本語吹き替えも彼が担当されるのだと思っていたのですが、まさかの神谷さん辞退!その理由が「実写版であるため、これは自分がやるべきではない」とのことで、アニメ版の冴羽獠と今回の実写版冴羽獠を同一にするべきではないとの考えがあったようです。神谷さんのシティーハンターへの愛が詰まってますね。そして神谷明さんの推薦もあってこの映画で冴羽獠の吹き替えを担当されているのが山寺宏一さんです。こちらも大御所。誰も文句言わんでしょ。下ネタ部分ではかなり神谷さんの冴羽獠をリスペクトした吹き替えとなっていまして笑えました。また神谷さんの辞退と同じ理由で槇村香の役も、アニメ版の声を務めた伊倉一恵さんから沢城みゆきさんへと変更されています。でもしっかりとお二方とも今作は別役で声を当てられていますよ。探してみてください。

久々にスカッとする映画を観て気持ち良い時間を過ごせました。

また、シティーハンターで育ったおじさん世代には嬉しいことにこの映画のエンディングテーマ、なんと「Get Wild」なんですよ!震えたわ。

ちなみに2019年2月に20年ぶりの新作アニメ「シティーハンター新宿プライベート・アイズ」が公開されていたので、シティーハンターで始まり、シティーハンターで終わった2019年として表現されています。


シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション デラックス吹替版

新作ですのでAmazon Prime Videoではレンタル500円です。

 

それでは、また!

 

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.