アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

超絶☆鬱ドラマ「チェルノブイリ」

こんにちは。

Amazonプライムビデオで「Upload」というドラマを観てからというもの、すっかり海外ドラマにハマっているあたいです。

lastdays.hatenadiary.org

この「Upload」は本当にお勧めです。シーズン2を待ち侘びています。

あれからというもの面白いドラマを探しまして、警察ドラマ「BOSCH」をシーズン6まですべて観てやりました。各シーズン10話の構成でしたので合計60話。ハマりにハマってすごい夢中でした。これもまた感想書きたいなと考えています。

さて、60話はしんどいけれど、5話なら如何でしょう。1話60分程度で5話で完結なら結構軽い気持ちで観ることができるんじゃないでしょうか。

そんな「ちょろっと面白いドラマ観てえ」というあなたにお勧めなのが2019年制作のドラマ「チェルノブイリ」です。

「ちょろっと」なんて軽い気持ちで観始めたが最後、1話観終えるごとに「ずーん」と気持ちは落ちていきます。4話を観始めるころには、つらすぎる内容に逆に笑えてきます。

それもそのはず、タイトルで大体イメージできる方も多いでしょうが、この「チェルノブイリ」というドラマは1986年に起きた人類史上最悪の事故とまで言われるソ連の「チェルノブイリ原子力発電所事故」を題材に、事故の解決に奔走する人たちや事故を隠蔽しようとする政府、原発のある街で暮らす人たちへの影響を描いたドラマなのです。

日本でも東日本大震災の影響で福島第1原発の事故が起こったことにより、このチェルノブイリの事故が再注目されました。テレビでも特集されていましたし、ここまで大きな事故ですから詳しく知っている人も多いのではないでしょうか。

しかし可哀そうな僕は残念なことにこの事故について知っていたことと言えば

・なんか爆発した

・政府が隠蔽しようとした

・風に乗った放射能が隣国などに流れ異常な放射能を検知した外国によって事故が発覚した

チェルノブイリは死の土地となり未だに立ち入り禁止区域となっている

という、実にアバウトな内容です。

ただ、今回の記事ではあくまでドラマのチェルノブイリについてにしか触れませんので事故の詳しい内容を知りたい方は以下のWikipedia先生をご一読くださいまし。

ja.wikipedia.org

ドラマ視聴後に上記のWikipediaを読んだりネットでチェルノブイリ事故関連の記事を読んだりしましたが、事故の流れや事故後の処理なんかを知りたい方はこのドラマだけでも充分知りたいことを知ることができるのではないかと思います。それくらい事実に忠実に描かれている印象を受けました。事故後の対応に当たったレガソフ博士など、主要な登場人物は実名ですし、事故が起きるまでの流れや事故後の政府の対応などはそのまま描いているようです。

ちなみにこのドラマの製作は事故当時は冷戦状態にあったアメリカです。ですのでドラマ内で使用されている言語はバリバリの英語です。

さて、こうした実際に起きた事故、あるいは事件を取り扱ったドラマですと、多くの場合が、事件・事故に巻き込まれてしまう人たちのそれまでの日常にフォーカスして、そこからその日常が壊れていく様を描いていることが多いように思います。それは事件・事故に巻き込まれてしまうことによって壊れゆく日常を描き、事件・事故を悲劇として強調して伝えるためではないかと考えます。

しかし、このドラマ「チェルノブイリ」では、いきなり1話冒頭で原子炉の爆発が起こります。何が起きているのか分からず慌てふためく発電所の所員たち同様に、観ているこちらも何故爆発が起きたのかは分かりません。

ただ、視聴者はこの事故がどれほどの厄災であるのかを既に知っています。知っているからこそ、「原子炉の爆発なんてありえない」と事実から目を逸らす責任者、原子炉の爆発などとは露ほども思わず見晴らしの良い橋に集まり火災を見物して大量の放射能を浴びる人々、原子炉の近くで消火活動をする消防署員たち、飛び散った黒鉛を拾い上げる人、そして妊婦でありながらも被爆した消防隊員の夫に触れ見舞う女性など。既に何が起こったのかを知り、その行為がどれだけの悲劇をもたらすのかを知っている視聴者からすれば、これほど残酷な描写はありません。

また事故後に周辺住民たちを避難させた後に、土地に残り大量の放射能を浴びた動物たちを撃ち殺していくという描写もあります。動物と一緒に暮らしている方は観るに堪えない場面だと思いますので注意です。

さらに大量の放射能を浴びた原発の所員や消防隊員、彼らの皮膚が徐々に壊れ人としての形を失っていく様などショッキングな映像が次々と流れてきます。いくらドラマだと分かってはいても、心に受けるダメージは相当です。

このように様々な事故の被害者たちを描くことによってこの事故がどれだけ悲惨なものであったかが5話構成の中盤3~4話辺りで伝えられます。

そして5話が事実究明です。最初にお伝えしたように、1話ではいきなり事故が起こりましたから何故この事故が起こったのか、その原因は最終話まで明らかにされません。その事故原因の究明が最終話5話でなされます。特に法廷でのレガソフ博士の原子力発電の仕組みの説明は不勉強な僕には大変な学びとなりました。もしかすると現代ではまた違うのかもしれませんがとても分かりやすかったです。

体面、面子、それらを守るため嘘に嘘を重ね、その代償として起きたのがチェルノブイリの事故であることが明かされて、このドラマは完結します。

見ごたえは充分。観始めると止まりませんが、気持ちは沈んでいきます。もう本当にずっと地獄を見せられ続けますから。気持ちが元気な時に観てください。

現在はスターチャンネルYOUTUBEGoogle Play Videoで視聴できます。いずれも有料です。

下はAmazonプライムビデオ内のスターチャンネルのリンクです。7日間無料体験やってるみたいなんでよろしければ。


#1 『1時23分45秒』

もっと多くの人に観てもらえるようにNHKで放送しても良いんじゃないかと思うけど。もしくはBlu-rayが発売されていますので、興味のある人はそちらもチェックしてみてください。

またこんな記事もあります。

vdata.nikkei.com

しかしドラマを観終えてから気付いたんですが、事故の原因が分かったところで何も解決はしてないんですよね。燃料棒の放射能が収まるまで10万年かかると言われています。2016年に完成した原発を覆うシェルターにより、今後100年は封じ込めが可能だと言われていますが、それまで管理は続きますし、100年後にまたツケを払うことになります。

福島もそうですが、風化させないように知っておくことが大切じゃないかと思います。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

それでは、また。

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.