アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

子育てって難しい。映画「少年は残酷な弓を射る」

こんにちは。

先日「デッド・ドント・ダイ」を観た時に「ティルダ・スウィントンの出てる映画って何か観たことあったかな?」と考え、思い出したのがこの作品。

2011年公開の「少年は残酷は弓を射る」です。

嫌な映画でした。

予告編だけですと、サイコパスな子供を持ってしまった母親が苦しむストーリーに見えてしまいますが、それだけではありません。

これは愛されたいと願った少年の復讐劇でもあるのです。

まずこのティルダ・スウィントン演じる母親エヴァがよろしくありません。

彼女は作家でキャリアも順調、しかし旦那との間で「妊娠するか試した」結果、息子ケヴィンを授かります。望んだ妊娠ではなく、ケヴィンの為に自分のこれまでの生活や仕事など多くの犠牲を払うことになってしまったエヴァは、幼いケヴィンに対して「あなたが来るまでは幸せだった」という言葉を放ちます。当初エヴァはケヴィンを自分の人生を邪魔した存在として扱ってしまうのです。

ケヴィンは幼いながらも自分が母親から愛されていないことを悟ります。エヴァが自分に対して向けた瞳と同じように、いつしかケヴィンの瞳にも母エヴァに対する憎悪が宿ります。

父フランクリンとは仲睦まじく良好な関係を築きながら、母親としての体面を保つだけのエヴァに対しては嫌がらせを繰り返すケヴィン。

しかしケヴィンの妹となる次子セリアを授かったエヴァ。もしかするとエヴァはケヴィンとセリアが良好な兄妹関係を築き、ケヴィンに愛情が芽生えることを期待したのかもしれませんが、期待通りにはいきません。ケヴィンはセリアを召使のように扱い、そこにはまったく愛情を感じることができません。

そしてある日セリアが可愛がっていたハムスターが殺されてしまいます。観ている側からすればケヴィンが犯人であろうと想像するのですが、作中では明確にケヴィンの仕業であるとは示されません。ただ、エヴァがケヴィンを疑っていることだけは明確にされます。

ここが非常にポイントで、エヴァにとってはケヴィンは息子であるよりも「危険人物」として色濃く映っていることが示されるんですね。確かにこの場面に至るまでのケヴィンのエヴァに対する振る舞いを見ていれば疑うのも当然だと思います。それはエヴァにとってケヴィンが「悪意をぶつけてくる人間」であるからです。しかしどれだけ無礼な振る舞いをされようともケヴィンを叱ることはしないエヴァは、ケヴィンの本心を理解しようとはせずただ恐れたまま、歳月だけが過ぎていくことになります。

そして16歳を迎える目前、ついにケヴィンが悲惨な事件を引き起こします。

街中を恐怖に陥れ、その結果としてエヴァの一家は離散し、さらに街中の人から憎まれることとなります。

事件を起こしたケヴィンの目的はなんなのか。

もしかすると母であるエヴァの関心を集めたかったのかもしれません。彼は生まれてからずっと母親から愛されたかっただけなのかもしれません。

しかし、この映画の中ではケヴィンが事件を引き起こした動機は明確に描かれません。

ただ、この映画の原題は「We Need to Talk About Kevin」。

もしエヴァがケヴィンと向き合い話し合っていたならば、その果てに待つものは違ったものになったのかもしれません。事件は起こらなかったのかもしれない。

そしてこの映画の観客である私たちは、自分の周りで同じような悲劇が起こらないように「ケヴィンと話し合う」ことが必要なのでしょう。

子供を授かれば誰しもが自然に親になれる訳ではないということを突きつける作品です。

この映画のエヴァは母親になるには早かっただけなのかもしれません。そもそも「妊娠するか試してみよう」という軽いノリで妊娠してますからね。この感覚はペットショップで「可愛いから」って理由で子犬を購入する人みたいで怖いです。結局その後「躾が面倒だから」とか「こんなに大きくなるとは思わなかったから」とかで無責任に手放すんですから。そうやって捨てられた犬が人間を嫌うように、望まれなかった子供が親を憎むことだってあるのでしょう。

そして我が子の瞳に憎しみが宿っているのを知った時、その時は既に手遅れなのかもしれません。

いやあ~な気持ちになる映画ですので、テンション上がり過ぎて逆に下げたいっていう時に観てください。


少年は残酷な弓を射る(字幕版)

 Amazon Prime Videoでは現在レンタル407円です。前は観放題に入ってた気がしますけど終わってしまったのね。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

それでは、また。

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.