アナーキー・イン・ザ・1R

映画や音楽や読書、1ルームで楽しく生きる

特別定額給付金が振り込まれた

こんにちは。

しばらく更新が空いてしまいました。19日に発売されたゲーム「ラストオブアス2」に忙しかったのであります。

さて、今回はタイトルの通り、特別定額給付金10万円が振り込まれていたというお話です。

先週の金曜日に銀行に行ったら入ってましたので、26日ですね。

僕の暮らす兵庫県神戸市は100万人規模の都市の中では給付の申請書の配布と振り込みが早いとは噂には聞いていたのですが、まさか申請してから1ヶ月で振り込まれるとは思っていませんでした。予想以上に早かった。

神戸市が公開している給付金の振り込み状況を見たところ、6月26日時点で給付率が95.9%となっていますので、全世帯への給付が完了するのも時間の問題でしょう。

神戸市のサイトはこちら。他府県の方も参考までに宜しければ一度お目通しください。

www.city.kobe.lg.jp

早いとは言っても他府県に比べてどれくらい早いのかは分かりませんので、お隣大阪府大阪市の状況を見てみました。

こちらも大阪市のサイトです。

www.city.osaka.lg.jp

こちらを参照する限り、僕が給付金を受け取った6月26日時点で神戸市は95.9%だったのに対して大阪市の給付率は3.4%となっており、大きな開きがあることが確認できます。大阪市と神戸市では都市の規模も違います(大阪市人口約270万人、神戸市人口約150万人)から、これだけを見て一概に「大阪市が遅い」と言う事はできません。

ちなみに福岡市ですと6月26日時点で給付率52.5%、横浜市は6月25日時点で23%となっていました。札幌市は全世帯への給付を既に終えていました。

お住まいの地域の振り込み状況などを確認されたい方は各自治体のウェブサイトにて状況が公開されていると思いますのでご確認ください。

さて、こうしてざっと他の自治体の給付率を見ていくと、神戸市はやはり早いな、という印象を受けました。僕自身も何故にこんなに早いのかとネットの波に乗りまくっていたところ、経済紙「Forbes JAPAN」のウェブサイトにてこんな記事を発見しました。

forbesjapan.com

この記事を読む限りでは、1世帯当たりに対して行われる給付であり「世帯主の申請」による申請であるのにも関わらず、政府が当初推奨していたマイナンバーでのオンライン申請では「個人での申請」ができてしまうために、本来申請する権限のない人による申請が相次ぎ混乱が起こったようです。神戸市の担当の方々はこの混乱によりマイナンバーによる申請にかなり早い段階で見切りを付け、申請書の郵送を優先したことによって処理がスムーズに行われた模様です。

なんか特別な事情があったのかと思えば、ただ中の人が頑張ってくださった、という非常にありがたいお話でした。

やれ国が、県が、市が、と言ったところで結局そうした組織を動かしているのはやはり人なんだなと改めて思い知らされる記事です。

この非常事態の最中、医療現場で働かれている方々はもちろんですが、こうした自治体で働いている方々にも頭の下がる思いです。

まだまだ特別定額給付金の振り込みを待っている人もたくさんいらっしゃるとは思いますが「早くしろよ!」と怒らずに「頑張ってね!」と自治体の方々にエールを送りながら待ちましょう。キレたところで事態が好転することは無い訳ですし。ただ、本当に必要な人には早く行き届いて欲しいなと願うばかりです。

 

僕はとりあえず、密を避けて近寄らずにいた美容院に行こうと思います。自分で切ってたらだいぶおかしなことになってしまったので。

それでは、また。

Copyright ©アナーキー・イン・ザ・1R All rights reserved.